国内外ニュース

サウジ前国王息子を釈放 「汚職」で拘束

 サウジアラビアのムトイブ前国家警備相=2014年6月、パリ(ロイター=共同)  サウジアラビアのムトイブ前国家警備相=2014年6月、パリ(ロイター=共同)
 【カイロ共同】サウジアラビア当局は28日、アブドラ前国王の息子で、汚職などの疑いで身柄を拘束したムトイブ前国家警備相を釈放した。複数のアラブメディアが王室筋の話として報じた。他にも高位の王子ら何人かが釈放されたとの情報もある。

 サルマン国王の息子で巨大な権限を掌握するムハンマド皇太子は今月上旬、公共事業を巡る多数の汚職で公金を不正流用し利益を得たなどの理由で、高位の王子や閣僚ら約200人を一斉拘束。ムトイブ氏らを公職からも解任した。

(11月29日9時26分)

国際(11月29日)