国内外ニュース

菅氏、Jアラート作動させず 「飛来の可能性ない」

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、北朝鮮による弾道ミサイル発射で全国瞬時警報システム(Jアラート)を作動させなかったことを明らかにした。ミサイルが排他的経済水域(EEZ)に落下し「わが国に飛来する可能性がないと判断したため」と説明した。

 内閣官房によると、ミサイルが日本の領土・領海を通過、または落下する恐れがある場合、Jアラートで通過地域や落下場所を自治体に伝達し、住民に避難を呼び掛けるとしている。今年は8月と9月に作動した。

(11月29日10時15分)

政治(11月29日)