国内外ニュース

バリ国際空港が再開 噴火で27日から閉鎖

 インドネシア・バリ島のバリ国際空港で、航空会社のカウンターに並ぶ観光客ら=28日(共同)  インドネシア・バリ島のバリ国際空港で、航空会社のカウンターに並ぶ観光客ら=28日(共同)  再開したバリ国際空港で、出発ゲートを通過する観光客ら=29日(共同)  再開したバリ国際空港で、出発ゲートを通過する観光客ら=29日(共同)
 【デンパサール共同】インドネシア・バリ島のデンパサール郊外クタにあるバリ国際空港は29日午後、再開した。同島東部アグン山の噴火による火山灰の影響で27日から閉鎖していた。

 バリ島は日本人も多く訪れる国際的に有名な観光地。空港閉鎖が長期化することにより、基幹産業である観光業への影響が懸念されていた。

 閉鎖された27、28日の2日間で約900便が欠航し、計約12万人に影響が出た。

(11月29日18時01分)

国際(11月29日)