国内外ニュース

ガソリン、141円10銭 11週連続の値上がり

 東京都内のガソリンスタンド  東京都内のガソリンスタンド
 経済産業省資源エネルギー庁が29日発表した27日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、20日時点の前回調査より1円ちょうど高い141円10銭だった。11週連続で値上がりし、2015年8月3日以来、約2年4カ月ぶりの水準となった。

 灯油も18リットル(一般的なタンク1個分)で18円上昇して1502円となった。燃油高は企業のコストアップ要因となる。暖房シーズンが本格化すれば家計も圧迫しそうだ。

 調査した石油情報センターによると、この週は原油価格が下落したが、ガソリンスタンドなどは値上がり分を十分に価格転嫁できておらず値上げが続いた。

(11月29日15時35分)

経済(11月29日)