国内外ニュース

桜井元総務次官が電通執行役員に 桜井翔さんの父親、女性も初登用

 桜井俊氏  桜井俊氏
 電通は29日、元総務事務次官で三井住友信託銀行顧問の桜井俊氏(63)が執行役員に就く人事を発表した。来年1月1日付。外部の意見を取り入れて法令順守など内部統制を強化する。違法残業事件で労働基準法違反罪に問われ、有罪判決が確定した反省を踏まえた。同社として初の女性執行役員も登用する。

 桜井氏はアイドルグループ「嵐」の桜井翔さんの父親。電通の担当者は起用の理由について「総務省の事務次官を経験された方で、内部統制の強化にふさわしい人物だと判断した」と説明している。

 女性執行役員は、大内智重子第3CRプランニング局長(55)と鈴木宏美第3営業局長(53)の2人。

(11月29日17時44分)

経済(11月29日)