国内外ニュース

たけしさん、19年大河ドラマに 「いだてん」の古今亭志ん生役

 NHKは29日、五輪を題材にした2019年放送の大河ドラマ「いだてん」の新たな出演者を発表した。希代の落語家で物語の語り部でもある古今亭志ん生役をビートたけしさんが務める。

 この他、若き日の志ん生役に森山未来さん、志ん生の弟子五りん役に神木隆之介さんらが決まった。同日の記者会見でたけしさんは「一番尊敬する落語家の役が来たことがうれしくてしょうがない」と意欲を見せた。

 「いだてん」は宮藤官九郎さんが脚本。日本初参加の1912年のストックホルム五輪から64年の東京五輪開催までを中心に描く。前半の主人公を中村勘九郎さん、後半の主人公を阿部サダヲさんが演じる。

(11月29日19時20分)

文化・芸能(11月29日)