国内外ニュース

首相、対北朝鮮で日米韓連携確認 文大統領と電話会談

 記者会見する菅官房長官=29日午後、首相官邸  記者会見する菅官房長官=29日午後、首相官邸
 安倍晋三首相は29日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、韓国の文在寅大統領と電話会談した。米国を加えた日米韓3カ国で連携し、北朝鮮への圧力を一層強める方針を確認した。首相は日本が12月に議長国を務める国連安全保障理事会の場を活用し、国際包囲網強化への取り組みを主導する考え。北朝鮮が弾道ミサイルの性能を向上させている状況を踏まえ、警戒監視態勢を強めた。

 約15分間の会談で首相は「日韓の安全保障を脅かす核開発、ミサイル発射は断じて容認できない。日韓、日米韓で対応したい」と強調。文氏は「北朝鮮の挑発は深刻だ」と応じた。中国の役割が重要だとの認識でも一致した。

(11月29日19時50分)

政治(11月29日)