国内外ニュース

皇室会議の開始時間変更 12月1日午前9時45分開始に

 宮内庁は29日、天皇陛下の退位日決定の前提となる皇室会議の開始時間を12月1日午前9時から、午前9時45分に変更すると発表した。宮内庁は「出席する議員の日程を調整した結果の事務的な変更」としている。

 当初の開始時間は、関係者と調整の上、今月22日に発表されたが、宮内庁幹部によると、その後に一部の出席者の都合が悪くなり、変更した。

 皇室会議は、議長を務める安倍晋三首相が招集し、常陸宮ご夫妻や衆参両院の正副議長ら計10人の議員で構成される。6月に成立した陛下の退位を実現する特例法は、退位日を決める際、皇室会議からの意見聴取を義務付けている。

(11月29日22時06分)

社会(11月29日)