国内外ニュース

米経済、緩やかに拡大 景況報告、物価に上昇圧力

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、10月から11月中旬までの全米各地区連邦準備銀行の景況報告(ベージュブック)を公表し、経済活動が全12地区で緩やかに拡大したとの判断を示した。

 報告は12月12、13日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策を決める際の討議資料になる。景気拡大に加えて「物価上昇圧力が強まった」としており、追加利上げを後押しする材料となりそうだ。

 各連銀は小売業者にとって重要な年末商戦の見通しは楽観的だとした。製造業の生産活動も拡大。

(11月30日6時05分)

経済(11月30日)