国内外ニュース

ロケットマンは病気の子犬 トランプ氏、金氏中傷

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、中西部ミズーリ州で政権が実現を目指す大規模減税について演説中、「大規模減税は米経済のロケット燃料になる」と述べた際に「リトル・ロケットマン。彼は病気の子犬だ」と口走った。

 トランプ氏はミサイル発射を繰り返す北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をリトル・ロケットマンと呼んでこき下ろしており、今回の発言も大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を誇示した金氏を中傷する意図があったとみられる。

 演説でトランプ氏は「北朝鮮であろうと何であろうと、米国を守る」と強調。防衛力を高めるため、戦闘機や軍艦を増やす考えも改めて示した。

(11月30日7時21分)

国際(11月30日)