国内外ニュース

北朝鮮、2段式の新型ICBM 防衛相「かなりの能力」

 参院予算委で答弁する小野寺防衛相=30日午前  参院予算委で答弁する小野寺防衛相=30日午前
 小野寺五典防衛相は30日午前の参院予算委員会で、北朝鮮が29日に発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)について「7月に2度発射された『火星14』とは異なる、新型のICBM級弾道ミサイルだったと考えられる」と述べた。ミサイルが推進力を2段階で持っている2段式で、片側9輪の移動式発射台を利用した点に触れ「かなりの能力を持った弾道ミサイルだ」とも語った。

 北朝鮮は米本土全域を攻撃できる新型ICBM「火星15」の発射実験に成功したと表明しているが、日本政府として新型ミサイルだったとの判断を示した。

(11月30日10時46分)

政治(11月30日)