国内外ニュース

評価調書不作成は5年間で9件 森友問題巡り財務省

 参院予算委で答弁する財務省の太田充理財局長=30日午前  参院予算委で答弁する財務省の太田充理財局長=30日午前
 財務省の太田充理財局長は30日の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、国有地を売却した財務省近畿財務局が過去5年間で9件、国有財産を売却する際に必要な「評価調書」を作成しなかったと明らかにした。理由に関し「部門間の連携が円滑に行われていなかった。内規違反だ」と説明した。行政文書の不適切な扱いが浮き彫りになった形だ。

 評価調書の作成を怠った対応について太田氏は「深く反省し、二度と起きないよう、文書管理の徹底、決裁文書の内容の充実を行わないといけない」と述べた。

(11月30日11時41分)

社会(11月30日)