国内外ニュース

大飯と玄海の再稼働延期 神鋼データ改ざんで2カ月

 関西電力大飯原発3号機(右)と4号機=福井県おおい町  関西電力大飯原発3号機(右)と4号機=福井県おおい町
 関西電力は30日、来年1月中旬と3月中旬に計画していた大飯原発3、4号機(福井県)の再稼働を、3月中旬、5月中旬にそれぞれ2カ月延期すると発表した。神戸製鋼所の製品データ改ざん問題を受け、原発関連機器の部品の調査に時間がかかることが原因。再稼働後に実施する電気料金の値下げ時期もずれ込む見通しとなった。

 九州電力も同日、玄海原発3、4号機(佐賀県)の再稼働時期が3月、5月にそれぞれ2カ月遅れるとの計画を発表した。神戸製鋼製の部品が、新規制基準に対応するため新たに設置した設備に使用されており、その安全性確認に時間がかかる。

(11月30日17時55分)

科学・環境(11月30日)