国内外ニュース

2児暴行で父親に懲役11年 さいたま地裁、次男を意識不明に

 長男(4)と次男(2)に暴力を振るい、次男を意識不明の重体にさせたなどとして、傷害罪に問われた埼玉県鶴ケ島市の無職佐野良明被告(24)に、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)は30日、懲役11年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

 判決理由で佐々木裁判長は「ぐずる様子に立腹し、本来親として守るべきわが子に理不尽な暴行を加えた」と指摘。「次男は回復可能性のない脳死状態になり将来を奪われた」と述べた。

 判決によると4月、自宅で次男をはさみや拳で複数回殴った上、足首をつかんで持ち上げて頭部を浴室や廊下の床などにたたきつけ、外傷性急性硬膜下血腫の大けがを負わせた。

(11月30日13時50分)

社会(11月30日)