国内外ニュース

京都府警巡査を書類送検 乗用車に当て逃げ容疑

 公用車を運転中に一般車両に当て逃げしたとして、京都府警が道交法違反(事故不申告)の疑いで、宇治署の20代の男性巡査を書類送検していたことが30日、分かった。16日付。巡査は同日、本部長訓戒を受け、依願退職した。

 送検容疑は、10月7日午後、京都市伏見区で公用車を運転中、停車していた乗用車を追い越そうとしてミラーに接触しながら、事故を申告せずに逃げた疑い。

 府警によると、「上司に怒られると思って逃げた」と話している。乗用車の運転手が公用車のナンバーを目撃していたことから容疑が浮上した。

 府警監察官室は「再発防止に向け、職務倫理教養を徹底する」としている。

(11月30日13時46分)

社会(11月30日)