国内外ニュース

世界王者阿部「圧倒的な柔道を」 男子が調整、柔道GS大会

 柔道のグランドスラム東京大会に向けて練習する男子66キロ級の阿部一二三(手前)=東京都文京区の講道館  柔道のグランドスラム東京大会に向けて練習する男子66キロ級の阿部一二三(手前)=東京都文京区の講道館
 柔道のグランドスラム東京大会(2、3日・東京体育館)に出場する男子日本代表が30日、東京都文京区の講道館で強化合宿を報道陣に公開し、66キロ級の阿部一二三(日体大)、60キロ級の高藤直寿、73キロ級の橋本壮市(ともにパーク24)の世界王者が調整した。

 約2時間、乱取りなどで汗を流した阿部は「いい調子できている。圧倒的な柔道をしたい」と強気に意気込んだ。リオデジャネイロ五輪73キロ級覇者で五輪後初の国際大会となる大野将平(旭化成)は、天理大大学院の授業のため1日に合流する。

 井上康生監督は「東京五輪に向けた競争が始まってくる。非常に大切な大会」と語った。

(11月30日15時20分)

スポーツ(11月30日)