国内外ニュース

一足早く大絵馬掛け替え、和歌山 熊野那智大社に紀州犬

 世界遺産、熊野那智大社で「酉」から来年の「戌」に掛け替えられた大絵馬=30日、和歌山県那智勝浦町  世界遺産、熊野那智大社で「酉」から来年の「戌」に掛け替えられた大絵馬=30日、和歌山県那智勝浦町
 和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社で30日、宝物殿前に飾られている大絵馬が「酉」から来年の「戌」に掛け替えられた。一足早い迎春準備に参拝客らは驚いた表情だった。

 大絵馬は縦約3メートル、横約4メートル。白い紀州犬の親子が描かれている。男成洋三宮司(64)が約1カ月かけて仕上げた。男成宮司は「紀州犬は忍耐強く忠実で、穏やかな性格と聞いている。来年は落ち着いた年になるよう願って描いた」と語った。

 女性グループで観光に訪れた奈良県大和郡山市の上田由利子さん(69)は「犬の姿がかわいい。来年はワンダフルな年になりますように」と笑顔で話した。

(11月30日15時46分)

暮らし・話題(11月30日)