国内外ニュース

世界最長55キロの橋、お披露目 香港マカオ結び来年開通

 報道陣に公開された、香港とマカオ、中国本土の広東省珠海を結ぶ「香港・珠海・マカオ大橋」=30日(共同)  報道陣に公開された、香港とマカオ、中国本土の広東省珠海を結ぶ「香港・珠海・マカオ大橋」=30日(共同)
 【珠海共同】香港、マカオと中国本土の広東省珠海を結ぶ「香港・珠海・マカオ大橋」がほぼ完成し、当局が30日に現場を報道陣に公開した。2018年中に開通予定で、当局によると世界最長の海上大橋となる。3地点を含む珠江デルタ地帯の経済一体化を進め、中国政府による現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の海上ルートの起点としての役割も担う。

 09年に着工した大橋は全長約55キロで、香港から人工島や海底トンネルを経由してマカオや珠海までつながる。橋の本体工事は既に完了し、付帯施設などの建設を急ピッチで進めていた。年末までに全工事を終える。

(11月30日16時11分)

国際(11月30日)