国内外ニュース

コンビはむしろ不利? ドキュメンタル出演の千鳥

 「ドキュメンタル」最新作の完成披露イベントに登場した(左から)くっきー、大悟、ノブ=30日、東京都内  「ドキュメンタル」最新作の完成披露イベントに登場した(左から)くっきー、大悟、ノブ=30日、東京都内
 アマゾン「プライム・ビデオ」で配信するバラエティー番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン4」の完成披露イベントが東京都内で開かれ、お笑いタレントのくっきーと、コンビ「千鳥」(大悟、ノブ)が登場した。

 参加費100万円を払ったお笑いタレント10人が、6時間密室の中で笑わせ合い、最後まで笑わずに残った1人が賞金1千万円を獲得できる番組の4作目。千鳥はそろって初出演で、コンビのメンバーが同時に参加したのも4作目で初めてという。

 当初、コンビ芸でライバルたちを笑わそうともくろんでいた大悟だが、「ノブが突っ込むと、つられて笑っちゃう体になっている。結局ノブとは何もできなかった」と明かし、ノブも「コンビで出たメリットは無かったかもしれない」としみじみ振り返った。

 くっきーは3度目の出演。「すごいメンバーの中で、自分のお笑いレベルが測れる番組」と語りつつ、「田舎から日本一になろうと思って出てきたやんちゃな芸人たちが、『俺が一番や!』ってしのぎを削る。そんな姿を見たってください!」と呼び掛けた。

 全5話で、12月1日に第1話を配信。以降、毎週金曜日に1話ずつ更新する。

(11月30日16時31分)

文化・芸能(11月30日)