国内外ニュース

中核派活動家を再逮捕、警視庁 免許に虚偽住所記載の疑い

 免許証にうその住所を記載したとして、警視庁公安部は30日までに、免状不実記載の疑いで、過激派「中核派」非公然活動家、杉浦文俊容疑者(44)=東京都足立区=を再逮捕した。25日に逮捕された公務執行妨害容疑については29日、処分保留になった。

 公安部は25日、杉浦容疑者と一緒に同派非公然活動家、吉中誠容疑者(66)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕。2人は同じ足立区のアジトに潜伏しており、1971年の渋谷暴動事件で45年余り逃亡を続けた同派活動家大坂正明被告(68)=殺人罪などで起訴=の逃走を支援していたとみられる。

(11月30日17時16分)

社会(11月30日)