国内外ニュース

在特会への賠償命令確定、最高裁 在日コリアンに差別的発言

 インターネット上の人種差別的な発言で精神的苦痛を受けたとして、在日コリアンのフリージャーナリスト李信恵さん(46)が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と、代表を務めていた男性に計550万円の損害賠償を求めた訴訟は、計77万円の賠償を命じた二審判決が確定した。最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)が29日付で在特会側の上告を受理しない決定をした。

 確定判決によると、在特会側は2013~14年、街宣やネット番組、短文投稿サイト「ツイッター」で李さんに対する侮辱的な発言を繰り返した。

(11月30日17時20分)

社会(11月30日)