国内外ニュース

北朝鮮の新型ICBM、大型化か 映像公開、エンジン推進力も向上

 北朝鮮の朝鮮中央テレビが30日に放映した、新型ICBM「火星15」発射実験の映像(共同)  北朝鮮の朝鮮中央テレビが30日に放映した、新型ICBM「火星15」発射実験の映像(共同)
 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央テレビは30日、29日未明に実施した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」発射実験の映像を放送した。7月に発射した火星14より大型化した可能性があり、エンジンの推進力も向上したとみられる。映像ではミサイルが炎を吐きごう音とともに上昇する場面や、1段目と2段目が分離する様子などが映されていた。

 映像は約5分。カウントダウン後に「発射」の文字が表示され、ミサイルが発射される瞬間を複数の角度から撮影した映像が流された。ミサイルが噴出する炎は、液体燃料エンジンの特徴とされる直線状だった。

(11月30日17時40分)

国際(11月30日)