国内外ニュース

NTT、ADSL終了へ 23年、大部分の契約で

 NTT東日本と西日本は30日、インターネットの非対称デジタル加入者線(ADSL)サービス「フレッツ・ADSL」の提供を大部分の契約で2023年1月31日に終えると発表した。より高速な光回線の普及に押されて利用者が減少したためで、16年に新規申し込みの受け付けを終了していた。

 提供を終了する対象は光回線サービス「フレッツ光」への移行が可能な68万5千契約。光回線の届いていない16万2千契約に対しては引き続きADSLサービスを提供する。

 「フレッツ・ADSL」の契約数はピーク時の05年度で568万2千件だったが、今年9月末には84万7千件に減った。

(11月30日17時46分)

経済(11月30日)