国内外ニュース

6人殺害初公判、来年1月で調整 埼玉・熊谷、判決は3月か

 埼玉県熊谷市で2015年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、さいたま地裁が強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判初公判を、来年1月26日に開く方向で調整していることが30日、関係者への取材で分かった。判決言い渡しは3月になる見通し。

 弁護側の請求で実施された精神鑑定で、被告が統合失調症と診断されたことも関係者への取材で判明。さいたま地検による起訴前の鑑定では「精神疾患なし」とされており、刑事責任能力が主な争点になる。

(11月30日22時25分)

社会(11月30日)