国内外ニュース

「九十歳。何がめでたい」が1位 日販の年間書籍ベストセラー

 (左から)「蜜蜂と遠雷」、「九十歳。何がめでたい」、「ざんねんないきもの事典」  (左から)「蜜蜂と遠雷」、「九十歳。何がめでたい」、「ざんねんないきもの事典」
 大手取次会社の日本出版販売は1日付で今年の本のベストセラーランキング(2016年11月26日~17年11月25日)を発表した。1位は佐藤愛子さん(94)のエッセー「九十歳。何がめでたい」(小学館)だった。

 同書は昨年8月に出版。ユーモアを交えつつ、痛快な物言いで世の中を斬る内容が受け、50代以上の女性を中心に売り上げを伸ばした。累計発行部数は105万部。

 2位は今泉忠明さん監修の児童書「ざんねんないきもの事典」(高橋書店)。3位は直木賞と「2017年本屋大賞」をダブル受賞した恩田陸さん(53)の青春小説「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)が入った。

(12月1日4時05分)

文化・芸能(12月1日)