国内外ニュース

マラドーナ氏、肩を負傷 W杯組み合わせ抽選会は出席予定

 【モスクワ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選会で、くじを引く役を務める予定の元アルゼンチン代表のマラドーナ氏が11月30日のイベントを欠席した。国際サッカー連盟(FIFA)によると肩を負傷したためで、1日(日本時間2日未明)の本番は出席するという。

 抽選会は元イングランド代表のリネカー氏が進行役を務める。アシスタントはマラドーナ氏のほか、W杯優勝経験を持つ各国・地域の元選手ら。

 現地で抽選会を見守る元日本代表の三浦知良選手(横浜FC)は「楽しみだね」と笑みを浮かべた。

(12月1日8時20分)

サッカー(12月1日)