国内外ニュース

不明潜水艦の生存者捜索活動終了 アルゼンチン沖

 【リオデジャネイロ共同】南米アルゼンチンからの報道によると、同国南部沖で11月15日から消息を絶っている潜水艦サンフアン(乗組員44人)について、海軍当局者は30日、生存者の捜索活動を終了すると発表した。海底での艦体の捜索は続けるとしている。

 艦内の酸素は7~10日間程度しか持たないとされていた。当局者は「救出の可能性のある時間の倍を費やした。人命を保護するという目的での捜索活動は終了する」と述べた。

 同艦は15日朝、南部バルデス半島の沖合約430キロの海域で連絡が取れなくなった。

(12月1日9時11分)

国際(12月1日)