国内外ニュース

北朝鮮新型ICBMは米首都射程 韓国分析、再突入技術は検証必要

 北朝鮮の労働新聞が11月29日付で掲載した、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験の写真(コリアメディア提供・共同)  北朝鮮の労働新聞が11月29日付で掲載した、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験の写真(コリアメディア提供・共同)
 【ソウル共同】韓国国防省は1日、北朝鮮の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」について、通常角度で発射した場合、1万3千キロ以上飛行可能で、米首都ワシントンが射程に入るとの分析結果を国会で公表した。弾頭の大気圏への再突入技術や精密な誘導技術については「追加の検証が必要」とした。

 報告によると、火星15は長さ約21mで、7月発射のICBM「火星14」と比べ1段目と2段目がそれぞれ1mずつ長くなっている。移動式発射台も約2m長くなった。1段目は火星14のエンジン二つ束ねた推力増強のクラスター型で、2段目の体積も火星14の約3~4倍に増えたと指摘した。

(12月1日12時50分)

国際(12月1日)