国内外ニュース

17歳少年に懲役5~8年 中2暴行死、津地裁

 三重県鈴鹿市の公園で2016年10月、津市の中学2年森祥太さん=当時(14)=が4人の少年少女から暴行を受け、その後死亡した事件で、傷害致死罪に問われた鈴鹿市のとび職少年(17)の裁判員裁判で、津地裁(田中伸一裁判長)は1日、懲役5年以上8年以下(求刑懲役5年以上10年以下)の不定期刑判決を言い渡した。

 弁護側は「養父からの虐待など成育歴の影響で重度の素行障害があり、矯正教育を行う必要がある」とし、少年院に送致の保護処分にすべきだと主張していた。

(12月1日17時05分)

社会(12月1日)