国内外ニュース

柔道GS東京大会、2日に開幕 阿部「一本取る柔道を」

 柔道のグランドスラム東京大会の前日記者会見でポーズをとる(左から)王子谷剛志、阿部一二三、阿部詩、朝比奈沙羅=1日、東京都文京区  柔道のグランドスラム東京大会の前日記者会見でポーズをとる(左から)王子谷剛志、阿部一二三、阿部詩、朝比奈沙羅=1日、東京都文京区
 柔道のグランドスラム東京大会(東京体育館)に出場する有力選手が1日、東京都内で開幕前日の記者会見に臨み、男子66キロ級世界王者で20歳の阿部一二三(日体大)は「世界選手権の優勝で自信がついた。より磨きがかかった一本を取る柔道を見てもらいたい」と堂々と意気込みを語った。

 女子52キロ級のホープで阿部の妹の詩(兵庫・夙川学院高)も出席。昨年は決勝で敗れており「リベンジする。自分の柔道を出し切れば勝てる」と闘志を燃やした。同78キロ超級で世界選手権2位の朝比奈沙羅(東海大)は「地元の東京で自分らしい柔道をしたい」と力を込めた。

(12月1日18時16分)

スポーツ(12月1日)