国内外ニュース

女子高生強殺、二審も無期 東京高裁「犯行は計画的」

 東京都江戸川区の自宅アパートで2015年、都立高3年の岩瀬加奈さん=当時(17)=を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われた無職青木正裕被告(31)の控訴審判決で、東京高裁は1日、無期懲役とした一審東京地裁判決を支持、被告の控訴を棄却した。

 弁護側は「突発的犯行で、自首もしている」と刑を軽くするよう求めていた。栃木力裁判長は「少なくとも前日に被害者を待ち伏せした時点では犯行計画が確定していた。自首した時には捜査が進んでいた」と退けた。

 性犯罪の公判では、被害者や遺族が求めれば実名を伏せて審理することもできるが、岩瀬さんの家族は実名を望んだ。

(12月1日18時31分)

社会(12月1日)