国内外ニュース

政府、介護報酬をプラス改定へ 来年度、微増で調整

 政府、与党は1日、介護サービス事業所へ支払う介護報酬を来年4月の改定で引き上げる検討に入った。改定率は微増で調整する。プラス改定により、不足が続く介護人材の確保や事業所の収支改善を図る。報酬を引き上げると、保険料や1~2割の利用者負担額もわずかに増えることになる。

 介護報酬は原則3年に1度見直す。来年度は2年に1度の診療報酬と同時改定の年に当たり、双方の改定率は政府の来年度予算案で焦点の一つ。財務省はいずれも引き下げを求めており、具体的な改定率は今月下旬までの予算編成で決める。

(12月1日18時45分)

経済(12月1日)