国内外ニュース

北朝鮮船の8人帰国へ 秋田に漂着、遭難と認定

 法務省入国管理局は1日、秋田県由利本荘市の海岸に木造の漁船で漂着した北朝鮮の男性8人について、遭難者と確認できたとして、入管難民法に基づき一時的に入国を認める「遭難上陸」の許可を出した。全員が帰国を希望しており、保護している由利本荘署から2日にも長崎県大村市の入管施設へ移送し、早期に中国を経由して帰国させるとみられる。

 8人は11月23日深夜、由利本荘市のマリーナ付近に不審者がいるとの通報を受け、署員が発見。「イカ漁で北朝鮮を出航後、エンジンが故障し漂流した」と説明した。県警が保護し、関係機関が事情を聴いていた。

(12月1日19時46分)

社会(12月1日)