国内外ニュース

市係長、残業中PCゲームし停職 岐阜・恵那、60万円返還

 岐阜県恵那市は1日、同市健幸推進課の男性係長(45)が残業中にパソコンでゲームをするなどし、4年余りで時間外勤務手当約60万8千円を不正に受給していたと発表した。市は11月30日付で係長を停職3カ月の懲戒処分とし、主査に降格した。手当は既に全額返還された。

 市によると、元係長は2013年4月~今年7月、216・5時間にわたって残業中に業務と関係のないネットゲームをしたり、趣味の車の情報を検索したりしていたという。市の調査に「ストレスを発散したくて始め、常態化してしまった」と話している。

(12月1日20時15分)

社会(12月1日)