国内外ニュース

北朝鮮、ロ参加の交渉なら検討 下院議員団に

 北朝鮮から帰国し、モスクワの空港で訪問の成果を説明するロシア下院のタイサエフ議員(右端)ら=1日(共同)  北朝鮮から帰国し、モスクワの空港で訪問の成果を説明するロシア下院のタイサエフ議員(右端)ら=1日(共同)
 【モスクワ共同】北朝鮮を訪問し同国最高人民会議の金永南常任委員長らと会談したロシア下院議員団が1日、帰国しモスクワの空港に到着した。議員団によると北朝鮮側は「世界の複雑な問題はロシアなしには解決しない」と述べ、朝鮮半島の安定に向けロシアが参加した交渉なら検討すると語ったという。

 議員団は11月27日~12月1日に訪朝し、金氏や朝鮮労働党の李洙ヨン副委員長らと会談。訪問中の29日に北朝鮮は新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験を行ったが、北朝鮮側からは「核・ミサイル開発の一環」との説明があったという。

(12月2日9時21分)

国際(12月2日)