国内外ニュース

大谷の交渉解禁、米も報道 エンゼルスは獲得向け資金上積み

 【ニューヨーク共同】ポスティングシステムの新協定が1日に発効したことを受け、米メディアはプロ野球日本ハムから大リーグ移籍を目指す大谷翔平選手の獲得競争が本格的にスタートしたと伝えた。

 ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)は「日本のスター、大谷翔平の交渉が正式に解禁」との見出しで記事を掲載。11月30日にトレードで新たに121万ドル(約1億4千万円)の契約金枠を獲得したエンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)の「彼を獲得することを見据えて資金を上積みした」との言葉を紹介した。

(12月2日11時06分)

MLB(12月2日)