国内外ニュース

工場爆発火災で現場検証、静岡 荒川化学工業、県警

 爆発火災から一夜明けた荒川化学工業富士工場で作業する消防隊員=2日午前9時16分、静岡県富士市  爆発火災から一夜明けた荒川化学工業富士工場で作業する消防隊員=2日午前9時16分、静岡県富士市
 静岡県富士市の荒川化学工業富士工場の爆発火災で、県警は2日、原因を究明するため現場検証を実施した。関係者から当時の状況を聴くなどして、安全管理や作業手順に問題がなかったか、業務上過失致死傷の疑いも視野に調べている。

 同社によると、工場は4階建てで、死亡した協力会社の男性作業員(64)や重傷者は1、2階付近にいた。3、4階で熱した松やになどを加工。2階で冷やし固めて砕き、1階で袋詰めをしていた。

 同社は1日の会見で、こうした作業の際に舞った粉末に何らかの原因で引火し、1階か2階で粉じん爆発が起きた可能性もあるとの見解を示している。

(12月2日11時10分)

社会(12月2日)