国内外ニュース

初場所の前売り券を販売 暴行問題の日本相撲協会

 日本相撲協会は2日、大相撲初場所(来年1月14日初日・両国国技館)の前売り券販売を午前10時から開始した。今年は21年ぶりに年間6場所の90日間が全て満員御礼となる大盛況だったが、相撲協会は元横綱日馬富士関の暴行問題に揺れており、人気面への影響が懸念される。

 東京開催だった9月の秋場所は約50分で15日間の全日程が完売したが、今回は午前中でも完売に至らなかった。協会関係者によると、正午時点でいす席を中心に売れ残っているという。

(12月2日12時45分)

相撲(12月2日)