国内外ニュース

J1川崎、悲願の初タイトル 鹿島を最終節で逆転

 川崎―大宮 後半、PKでハットトリックを決める川崎・小林(手前)=等々力  川崎―大宮 後半、PKでハットトリックを決める川崎・小林(手前)=等々力  サッカーJ1で初優勝し、大喜びの川崎イレブン=2日、川崎市等々力陸上競技場  サッカーJ1で初優勝し、大喜びの川崎イレブン=2日、川崎市等々力陸上競技場
 明治安田J1最終節(2日=9試合)川崎が逆転で悲願の初優勝を遂げ、YBCルヴァン・カップ、天皇杯全日本選手権と合わせた主要タイトルをクラブ史上初めて獲得した。

 川崎は小林のハットトリックの活躍などで大宮に5―0で完勝。15戦負けなしで勝ち点を72として磐田と0―0で引き分けた鹿島と並び、得失点差で上回った。小林は今季23ゴールで初の得点王に輝いた。鹿島は2連覇を逃した。

 甲府は仙台に勝ったが、16位でJ2降格が決定。神戸を破った清水は残留した。柏は広島、横浜Mは浦和、新潟はC大阪、札幌は鳥栖にそれぞれ勝った。FC東京―G大阪は引き分けた。

(12月2日16時26分)

サッカー(12月2日)