国内外ニュース

被災地で「お試し就職」 期間限定、参加者募集

 東日本大震災の被災地で、働きながら暮らしてみませんか―。人材派遣大手のパソナ(東京)が、期間限定で岩手、宮城、福島3県の企業に勤める「トライアル就業」の参加者を募集している。現地の働き手不足の解消や地域活性化につなげるほか、正社員として移住・定住するきっかけにしてもらい、復興を後押ししたい考えだ。

 パソナの担当者は「お試し期間中に実際に被災地で暮らしてみることで、移住するかどうか迷っている人も判断しやすくなる。企業側も、より幅広い人材を得るチャンスが広がる」とメリットを強調している。

 トライアル期間は来年2月末までで、募集定員は50人。年齢制限はない。

(12月2日16時40分)

暮らし・話題(12月2日)