国内外ニュース

ゴルフ対抗戦、日本と韓国対戦へ 3日に優勝懸け

 第2日、14番でバンカーショットを放つ川岸史果=三好CC  第2日、14番でバンカーショットを放つ川岸史果=三好CC
 女子プロゴルフの日本、韓国、欧州、オーストラリアの4ツアーの代表選手による対抗戦、ザ・クイーンズ第2日は2日、愛知県三好CC(6400ヤード、パー72)でシングルスのマッチプレーが行われ、日本は3勝1分け5敗で2日間の合計勝ち点12の2位となり、24の首位韓国とともに3日の優勝決定戦に進んだ。

 日本は鈴木愛が韓国選手に1アップで競り勝ち、川岸史果らも快勝したが成田美寿々、上田桃子らが敗れた。3日は2人一組で1個のボールを交互に打つフォアサムで争う。3位オーストラリアと4位欧州は3位決定戦に回った。

(12月2日16時40分)

ゴルフ(12月2日)