国内外ニュース

女子団体追い抜きで日本が世界新 スピードW杯、小平転倒で20位

 女子団体追い抜きを2分53秒88の世界新で制し、金メダルを掲げる(左から)菊池、高木菜、高木美=カルガリー(共同)  女子団体追い抜きを2分53秒88の世界新で制し、金メダルを掲げる(左から)菊池、高木菜、高木美=カルガリー(共同)
 【カルガリー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は2日、カルガリーで行われ、女子団体追い抜きで、高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)菊池彩花(富士急)で臨んだ日本は2分53秒88の世界新で優勝した。W杯では今季2勝目で昨季から5連勝となった。

 女子1000メートルの小平奈緒(相沢病院)はカーブの出口で転倒し、2分5秒88で最下位の20位。この種目のW杯開幕からの連勝も2で止まった。小平は日本スケート連盟が定めた平昌冬季五輪の代表選考基準を満たし、12月末の国内選考会への出場を条件に3度目の五輪代表入りを確実にした。

(12月3日6時15分)

スポーツ(12月3日)