国内外ニュース

宮里優作、初の男子ゴルフ賞金王 最終戦優勝、逆転で栄冠

 通算15アンダーで今季最多の4勝目を挙げ、優勝カップを掲げる宮里優作。初の賞金王に輝いた=東京よみうりCC  通算15アンダーで今季最多の4勝目を挙げ、優勝カップを掲げる宮里優作。初の賞金王に輝いた=東京よみうりCC
 日本シリーズJTカップ最終日(3日・東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)今季最終戦。首位タイから出た37歳の宮里優作が1イーグル、6バーディー、ボギーなしで62をマークし、通算15アンダーの265で今季ツアーで最多となる4勝目を挙げ、初めて賞金王となった。

 賞金4千万円を加えた今季獲得額は約1億8283万円となり、前週までトップの小平智を逆転した。通算では7勝目。

 6打差の2位はショーン・ノリス(南アフリカ)、さらに2打差の3位に45歳の久保谷健一とスンス・ハン(米国)が続いた。稲森佑貴が5位。小平は21位、池田勇太は24位に終わった。

(12月3日21時24分)

ゴルフ(12月3日)