国内外ニュース

名古屋で冤罪撲滅求める集会 名張事件弁護団長が訴え

 冤罪撲滅を求める集会で講演する、名張毒ぶどう酒事件の鈴木泉弁護団長=3日午後、名古屋市  冤罪撲滅を求める集会で講演する、名張毒ぶどう酒事件の鈴木泉弁護団長=3日午後、名古屋市
 無実を訴え服役する人らの支援に取り組む「再審・えん罪事件全国連絡会」(東京)が3日、名古屋市で冤罪撲滅を求める集会を開き、名張毒ぶどう酒事件の鈴木泉弁護団長が講演で「高裁は実質的な審理を全くしなかった。裁判所は真実に向き合ってほしい」と訴えた。

 名張事件の第10次再審請求に対して名古屋高裁は8日、再審開始の可否を決定する。鈴木氏は弁護側が提出した証拠を直接説明する機会がなかったと批判した上で「強力な新証拠を出しているのだから請求棄却はあり得ない」と強調した。

 集会には再審事件の当事者や家族、支援者ら約60人が参加した。

(12月3日18時51分)

社会(12月3日)