国内外ニュース

立憲民主「最高の価値」と宣言 独自路線へ党綱領改定

 立憲民主党の党綱領改定案が3日分かった。党名のよりどころの立憲主義と民主主義を「最高の価値」として守ると宣言、「草の根からの声に基づく政治」や「多様性を認め合う社会」の重視を打ち出した。急な結党を理由に、分裂した民進党と同じ綱領を掲げてきたが、独自路線を強めて党の基盤を固める狙いがある。4日の幹部会合や全議員での議論を経て年内にも改定する方針だ。

 綱領案は、学校法人「森友学園」「加計学園」問題を念頭に「適切な公文書管理と徹底した情報公開」の実現も盛り込み、安倍政権との対決姿勢を鮮明にした。

(12月4日2時06分)

政治(12月4日)