国内外ニュース

三重で国道から車転落、夫婦死亡 ガードレール突き破る

 3日午後8時5分ごろ、三重県いなべ市大安町石榑南の国道421号で、乗用車がセンターラインを越え、ガードレールを突き破って約10メートル下の谷に転落した。運転していた福井県敦賀市三島町、自動車販売業木曽千浩さん(57)と、助手席の名古屋市名東区上社1丁目、妻葉子さん(55)が頭を強く打つなどして死亡した。

 いなべ署によると、現場は片側1車線のカーブ。下り坂で、ブレーキ痕があったことから、スピードを出し過ぎてカーブを曲がりきれず、対向車線に飛び出した可能性があるとみて調べている。

 後続車の男性が事故に気付き110番した。

(12月4日12時51分)

社会(12月4日)