国内外ニュース

灯台のソーラーパネル無くなる 北朝鮮船、一時避難の島

 北朝鮮の木造船が荒天で一時避難した北海道松前町の無人島、松前小島で、灯台の電源用ソーラーパネルの一部が無くなっていたことが4日、第1管区海上保安本部(小樽)への取材で分かった。1管が管理する灯台で、機能に影響はないという。関係者によると、島では漁業者の避難小屋からもバイクやテレビなどが無くなっていた。

 1管によると、3日に上陸して調べると、灯台近くに設置したパネルの一部が無くなっていたほか、工具や食料を保管する付属施設の入り口の南京錠が壊され、何者かが侵入した痕跡があった。9月22日に点検した際は異常がなかったという。

(12月4日12時55分)

社会(12月4日)