国内外ニュース

参院、北朝鮮ICBMで抗議決議 政府に制裁強化要請

 北朝鮮による新型ICBM発射に抗議する決議を採択した参院本会議=4日午後  北朝鮮による新型ICBM発射に抗議する決議を採択した参院本会議=4日午後
 参院は4日午後の本会議で、北朝鮮による新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に断固抗議し、日本政府に米韓両国などとの緊密な連携や、独自制裁の強化を求める決議を全会一致で採択した。安倍晋三首相はICBM発射について「このような暴挙を断じて容認できない。いかなる挑発行動にも屈することなく圧力を最大限に高める」と述べた。

 参院の決議は、11月29日のICBM発射について「核・ミサイル開発を継続する意図の表れであり国際社会に対する正面からの挑発」と強調。日本を含む地域の重大かつ差し迫った脅威であり、国際社会の平和と安全を著しく損なうものだとして非難する内容だ。

(12月4日13時41分)

政治(12月4日)