国内外ニュース

シャンシャン超えは… 人気芸人の今年の出来事

 「シャンシャン」親子のはんこと撮影に応じる「和牛」(後方の2人)とジャングルポケット=4日、東京都内  「シャンシャン」親子のはんこと撮影に応じる「和牛」(後方の2人)とジャングルポケット=4日、東京都内
 お笑いトリオ「ジャングルポケット」ら、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人たちが、今年、一番印象の深かった出来事を彫ったはんこ「歳の印」の押印式に登場。芸人たちが笑いあり涙ありの1年を振り返った。

 全国印章業経営者協会が発表した「歳の印」は、6月に上野動物園で生まれたジャイアントパンダ「シャンシャン(香香)」と母パンダをモチーフにした絵柄に。

 同じ誕生でも、妻の第1子出産を喜んだのはジャンポケの太田博久。斉藤慎二は人生2度目という高額の万馬券に、大きな目をギラつかせた。

 痛々しかったのが、押印式の前日に開かれた漫才コンクール「M―1グランプリ2017」決勝戦で、2年連続準優勝に甘んじたコンビ「和牛」。今年を表す漢字を問われると「話」を挙げ、水田信二は「これだけ話し合ったら優勝できるだろうというくらい、漫才について話し合った。しんどいです」とショックを隠せない様子だった。

(12月4日17時16分)

文化・芸能(12月4日)