国内外ニュース

介護施設、身体拘束の要件厳格化 虐待に歯止め、厚労省が来春から

 厚生労働省は4日までに、特別養護老人ホーム(特養)など介護施設の職員が、高齢者の身体を拘束する際の要件を厳格化する方針を示した。来年4月から運営基準に盛り込む。介護施設内で、高齢者の虐待件数が増加しているためで、不要な拘束に歯止めをかける。

 厚労省は介護保険サービスの公定価格である介護報酬を来年4月に改定するのに合わせ、介護事業所の運営に必要な人員や設備、ルールを見直しており、身体拘束の基準厳格化もその一環。

 現在、特養や老人保健施設で入所者を拘束する場合、理由や実施時間の記録が義務付けられている。違反の場合、施設に支払われる報酬が引き下げられる。

(12月4日18時40分)

社会(12月4日)